山でのおすすめの子供の日焼け対策

山でのおすすめの子供の日焼け対策は、日焼け止めなのですが、その際、日焼け止めは慎重に選ばないといけません。

 

外出するときは、SPF15〜20、PA+〜++を目安に選ぶとよく、子供には、まず露出部分に塗り、2時間ごとくらいに濡れタオルで拭いて塗り直します。

 

山ら行くときはSPF30以上でPA++〜+++を目安にしてもかまいません。

 

おすすめは、ウォータープルーフタイプで、塗り直しするとより効果的です。

 

子供に日焼け止めを塗る時は、パール1粒分が目安で、液状の場合、1円玉くらいを手にとります。

 

額、鼻、頬、顎に分けて着けるようにし、塗り伸ばしてきます。

 

その後、もう一度同じ量を重ね付けすると万全です。

 

子供の腕や足に塗る時は、直線を描くようにして、らせんを描くようにして均一に伸ばしていきます。

 

山に行く時は、日焼け止めを塗るだけでなく、衣類もUV防止加工を選んで、子供の日焼け対策をする必要があります。

 

羽織ものや帽子を選ぶ時は、UV防止加工のものを選ぶようにし、ベビーカーでの外出は路面からの反射した日差しを受けるので、日焼け止めをしっかり塗り、足には薄手のタオルケットをかけてあげるなど、配慮が必要です。


山でのおすすめの子育てママの日焼け対策

山でのおすすめの子育てママの日焼け対策は、アロマ効果がある虫除け効果のあるUVケアクリームを使用することです。

 

オーガニックなクリームなので子供でも一緒に使うことができ、一石二鳥です。

 

顔と身体全体に使える優しい処方になっています。

 

日傘兼用の折りたたみ傘も、山でのおすすめの子育てママの日焼け対策になります。

 

急な雨に備えて持っておくと天気が急に変わっても慌てることがありません。

 

折り畳める日傘はおすすめで、晴雨兼用のUVカットされたものがおすすめです。

 

屋外の紫外線防止グッズとして、ミラリードのカット済みフィルムもおすすめです。

 

服を着ているだけでは、紫外線を防げない場所もあるからです。

 

防ぎきれない顔などの細かな部分を、UV対策グッズで日影を作ると効果的です。

 

子育てママにとっては、お外遊びが毎日の日課になるので、着る服も紫外線を意識して選びたいところです。

 

最近では、紫外線対策とオシャレを兼ね備えた服があるので、日焼け対策として、長袖シャツを用意しておくとよいでしょう。

 

真夏に長袖と思うかもしれませんが、直射日光を浴びるよりも涼しく、快適にすごすことができます。