「紫外線吸収剤」タイプの日焼け止めの特徴

紫外線吸収剤の日焼け止めは、皮膚の表面で紫外線を受け止めますが、その後エネルギーを変換し、放出し、肌内部に紫外線が入り込むのを防ぐタイプの紫外線のことをいいます。

 

その為、紫外線防御力が高くしっかりとUVカット効果を発揮してくれる商品に多いでしょう。

 

紫外線吸収剤が含まれた日焼け止めの最大のメリットはやはりその紫外線対策効果の高さです。

 

色も無色透明で気軽に使うことができ使い心地が良い商品が多いと評判です。

 

しかしその反面肌への負担が危惧されます。

 

紫外線対策効果の高い商品は肌への負担が大きいことがほとんどですが、紫外線吸収剤の日焼け止めは特に有機化合物である化学物質が含まれているので人によっては肌への負担に感じてしまうでしょう。

 

また、紫外線吸収剤が化学変化を起こすことによる安全性への問題も気になるところです。

 

化学変化を頻繁に起こすことで紫外線吸収剤の日焼け止めによる紫外線対策効果が弱くなるため、頻繁に塗りなおさなければ十分な効果を実感することが出来ません。

 

このようにメリットデメリットがあるのです。


「紫外線散乱剤」タイプの日焼け止めの特徴

紫外線散乱剤効果のある日焼け止めは、つけることで肌表面で紫外線を跳ね返すことが出来る商品です。

 

その為、紫外線そのものが皮膚に当たるのを防いでくれます。

 

紫外線散乱剤効果のある日焼け止めは肌への負担が少ないことで有名です。

 

ほとんどの紫外線散乱剤効果のある日焼け止めはノンケミアル製品として販売されていて、子供用、敏感肌用の日焼け止めも紫外線散乱剤が使われていることが多いでしょう。

 

紫外線吸収剤とは違い化学変化を起こさないので塗りなおす時間が少なく、頻繁に塗りなおすのが大変な子供の紫外線対策にもぴったりです。

 

しかし紫外線散乱剤効果のある日焼け止めは使用感が悪いことが多く、塗り心地がべたべたする、白浮きするといったデメリットがあります最近は成分がナノ粒子化されて使いやすい製品も増えたそうですが、それでも肌への使い心地はよくありません。

 

また、紫外線散乱剤の成分である酸化亜鉛などは光触媒作用といった紫外線により菌や有機物を分解し化学変化させる効果があるといわれているので、肌への刺激になってしまう可能性もあります。