子供におすすめの日焼け止め

子供におすすめの日焼け止めは、安全な日焼け止めです。

 

安全面と使用感が良い日焼け止めがおすすめということになります。

 

敏感肌の子供でも安心して使える日焼け止めに、ポーラの日焼け止めがあります。

 

これがあれば、海や山などでのレジャーを楽しむことができます。

 

ポーラのホワイティシモUVブロックミルキーフルイドには、市販の日焼け止めに多く含まれている紫外線吸収剤が入っていません。

 

肌が敏感な人におすすめで、紫外線を跳ね返す紫外線散乱剤を使用しています。

 

子供が連続使用しても負担がないよう、3D-UVカットベールという紫外線を跳ね返す層を肌の上に作ってくれます。

 

新生児から1歳の赤ちゃんがいるママなら、アロベビーUV&アウトドアミストがおすすめです。

 

新生児から使える日焼け止めなので、肌への負担軽減を考えて作られています。

 

日本のメーカーが日本の原材料だけを使って作っているので安心感があります。

 

日本の赤ちゃんのことを研究して作られたもので、スプレーするだけでOKです。

 

吹きかけられるだけなので、子供も嫌がりません。

 

レモングラスとローズマリーのアロマオイルが配合されているので、虫よけ効果も期待できます。


子供時代の日焼けは大人になった時のお悪影響要因に

紫外線はどんどん肌内部に蓄積していきます。

 

確かに日焼けをするとすぐに肌表面に黒くなる、赤くなるといった症状が現れるかもしれませんが、これは肌表面にのみ発揮する紫外線B波だけの影響です。

 

本当に怖いのは、紫外線の9割以上を占めている紫外線A波の効果なのです。

 

紫外線A波は日焼けのようにすぐに肌表面に影響することはありません。

 

しかし少しずつ肌内部に蓄積していき、どんどん肌の表側に現われていき、シミや乾燥といった現象を招くでしょう。

 

大人になってから出来るシミや肌の老化、乾燥は小さい頃からどんどん蓄積されてきた紫外線の影響なのです。

 

その為、子供のころからしっかりと紫外線対策をしていなければ大人になってからのシミや乾燥、老化を食い止めることは出来ません。

 

もちろん子供の頃から徹底的に紫外線対策をしたり一度も紫外線を浴びないという生活は難しいでしょう。

 

しかし、小さいころから少しずつ紫外線対策をすることで、同世代の人よりも肌のシミや乾燥が少ない肌を手に入れることが出来るかもしれません。

 

もちろん子供の弱い肌も守ることが出来ます。