子供の日光浴はダメ!子供にもしっかり日焼け止めを塗ろう

日焼け止めというと美容を気にしている女性のアイテムというイメージが強いですが、子供にも日焼け止めを塗ることが推奨されています。

 

なぜなら日焼けは美容以外にもさまざまなデメリットがあるからです。

 

子供の皮膚は大人よりも弱いのですぐに赤くなったり痛みを感じてしまうでしょう。

 

皮膚が弱い子であれば、日焼けのせいで赤みが悪化したり炎症を起こしたりひどい場合は水膨れが出来てしまう可能性もあります。

 

日焼け止めは肌に悪い、という印象があるかもしれませんが、最近の子供用の日焼け止めはデリケートな肌にも使いやすいように出来ています。

 

日焼け止めは落としにくいと思われがちですが、デリケートな肌用の日焼け止めは石鹸で落ちる等の肌に優しい設計となっているので毎日のボディソープで簡単に落とすことが出来るでしょう。

 

その為必要以上に肌に負担をかけることなく日焼け止めを使うことが出来るのです。

 

小さい頃から日焼け止めを塗ることで弱い子供の皮膚を守り皮膚疾患等から守ることが出来ます。

 

もちろん将来的なシミやしわの予防にもつながるでしょう。


子供の日焼け後の正しいケアの方法

子供の日焼け後は、ヤケド状態になっているので、正しくケアする必要があります。

 

年々紫外線は強くなっているので、子供の日焼けは気をつけないといけません。

 

日焼け止めを塗ってしっかり対策しないといけません。

 

子供の場合、海水浴やキャンプなどに行くことが多く、うっかり日焼け対策を忘れてしまうこともあります。

 

そうした場合、きちんとケアしないと痕が残る可能性があります。

 

日焼けした時のケアは、できるだけ痕やダメージが残らないようにしないといけません。

 

子供の日焼け後の正しいケアは、ポイントがあり、それをしっかり守れば、回復が早くなりダメージを残りにくくすることができます。

 

大事なことは、冷やすことと、保湿をすることです。

 

子供の日焼け後は、まずしっかり冷やすことです。

 

皮膚が炎症を起こしている状態が日焼けなので、冷やして炎症やほてりを抑えてやる必要があります。

 

炎症をおさえることが大事で、その次に保湿をします。

 

日焼けによって皮膚は乾燥しているので、日焼けした部分には保湿してやる必要があります。

 

そして水分補給をします。

 

体の外と中から保湿してやると、皮膚の回復が早くなります。