紫外線UV-A・UV-Bとは

紫外線にはUV-AとUV-Bが存在します。

 

UV-Aは紫外線A波とも呼ばれていて、光老化であるシミ、シワ、たるみの原因となる紫外線です。

 

地上に届く95パーセント程の紫外線はUV-Aだといわれているほどほとんどの紫外線がUV-Aなのです。

 

UV-A自体の力は弱いですがとても量が多く肌にどんどん浸透していくのでしっかりとケアをする必要があります。

 

浴びた紫外線は肌の奥深くにもまで浸透し、ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分を作り繊維芽細胞を傷つけてしまうでしょう。

 

その為、光老化の下人となるのです。

 

紫外線による光老化は3大肌老化の一つだといわれているほどです。

 

UV-Bは紫外線B波とも呼ばれている種類で、日焼けやシミを作り出す原因となります。

 

紫外線のうちの5パーセントを占めるのがUV-Bで、肌の表面に主に吸収されていきます。

 

その為UV-Bが肌の奥にダメージを与えることはないでしょう。

 

しかし肌表面にとどまったUV-Bが皮膚表面を傷つけて日焼けを作ったり火傷のような炎症をもたらす可能性もありますので、どちらも注意をしましょう。


日焼け止めに表記されているSPFとPAとは

日焼け止めにはSPFとPAといった記載があります。

 

なんとなく数が大きければ紫外線対策効果が高いような気がするでしょう。

 

SPFは、サンプロテクションファクターの略称で主な肌表面に届く紫外線B波を予防するための数値です。

 

この数値は大きければ大きいほど高い効果を発揮します。

 

そして、1SPFにつき20分の日焼け止め効果をもたらしてくれるのです。

 

その為、たとえばSPF30の場合は600分、10時間の間日焼け止め効果を発揮してくれるでしょう。

 

PAはプロテクショングレイドオブUVAの略称で、紫外線A波の予防効果があります。

 

PAはプラスの数であらわされていて、現在はプラスが4つが最大です。

 

PA++++は一番効果が高いですが、PA+はそこまで強くありません。

 

ここまで見るとSPFもPAも数が大きければ大きいほど良い日焼け止めのように感じますが、紫外線対策効果が高ければ高い程肌への負担がかかります。

 

その為、ちょっと外出をするときは弱めのものを、長時間日に浴びる日はPAとSPFが強いものを使った方が良いでしょう。