子供に大人用の日焼け止めを使ってはいけない理由

日焼け止めには子供用の商品があります。

 

しかし子供でも大人用の日焼け止めを使ってしまう人も多いでしょう。

 

大人用の方が種類が豊富であったり様々な機能があるので使いやすいと感じてしまうかもしれませんが、子供が大人用の日焼け止めを使うことは推奨されていません。

 

なぜなら大人と子供の肌は全然違うからです。

 

子供の肌はとても弱く、乾燥しやすく、荒れやすいといわれています。

 

その為、子供は子供用の日焼け止めを使うべきです。

 

もちろん大人用の日焼け止めの中には低刺激で肌に優しい日焼け止めもあるでしょう。

 

しかし大人用の低刺激日焼け止めはなかなか落ちない物質を使っていたり定期的に塗りなおす必要のある商品が多いのです。

 

その点子供用の日焼け止めは多くが石鹸で落とすことが出来、また、頻繁な塗り直しが必要ではない気軽に使える日焼け止めが多いでしょう。

 

また、大人用の日焼け止めは耐久性に優れているせいで乾燥しやすい商品が多いといわれています。

 

その為肌を守るためにも、乾燥させないためにも、子供は子供用の日焼け止めを使った方が良いのです。


失敗しない子供の日焼け止めの選び方

子供用の日焼け止めの種類は年々増えてきています。

 

しかし、子供用だから、と安い値段の商品を買ってしまっては子供の肌の負担になってしまう可能性があるでしょう。

 

そこで、失敗しない日焼け止めの選び方を教えます。

 

子供用日焼け止めは、無添加素材のものを買いましょう。

 

日焼け止めには乳化剤、紫外線吸収剤、界面活性剤といった肌に負担のかかる成分が含まれているものが多いのです。

 

子供用はこれらの成分が含まれていない商品も多いですが、安価で売られている商品は肌に負担がかかる商品もあります。

 

その為、出来るだけ肌への優しさを重視するためにも無添加素材の日焼け止めを買うようにしましょう。

 

無添加かつ子供用の日焼け止めであれば、肌が弱い子供でも安心して使うことが出来ます。

 

無添加素材の日焼け止めは肌に優しい成分で作られているので石鹸などでも簡単に洗い流すことが出来るでしょう。

 

万が一肌に合わない日焼け止めを使うと、子供の肌に負担がかかるだけではなくニキビ等の肌荒れの原因になったり過度の乾燥を招いてしまいます。

 

子供の日焼け止めは慎重に選びましょう。