外出時には帽子をかぶって紫外線対策

外出時には帽子をかぶってしっかり紫外線対策する必要があります。

 

紫外線対策には、帽子が欠かせません。

 

顔の紫外線を防ぐだけではなく、頭皮へのダメージも防ぐ効果があるからです。

 

紫外線対策で帽子を選ぶなら、UV加工が施されたものがよいです。

 

紫外線対策をする場合、顔や腕などを気にしがちですが、頭部にも紫外線はしっかり降り注ぎます。

 

髪の毛や頭皮は、紫外線を浴びやすい部位で、そのまま浴び続けると大きなダメージを受けることになります。

 

紫外線は、頭皮のかゆみやフケ、抜け毛などを誘引するので、それらを防ぐためには、帽子は必須アイテムです。

 

紫外線を防ぐには、顔や首など頭全体を覆うことができるツバの広い帽子がおすすめです。

 

帽子は直射日光から頭部を守ってくれるので、外出時には必ず帽子を被ることです。

 

紫外線対策として帽子を選ぶ時は、UV加工が施されていて、ツバの広いものを選ぶことです。

 

つばが広めの帽子は、紫外線が顔に当たるのをしっかり防いでくれます。

 

帽子で紫外線対策をする時は、顔の日焼け止めクリームもしっかり塗っておきましょう。


子供がしっかり紫外線を防げる帽子の選び方

子供がしっかり紫外線を防げる帽子を選ぶには、紫外線のカット率に注意することです。

 

キャップだと60%、ハットだと65%になるので、ハットの方がカット率は高くなります。

 

子供がしっかり紫外線を防ぐには、ハットがおすすめで、ツバが広いタイプだと首やうなじ、耳もしっかり帽子でガードすることができます。

 

顔全体がすっぽりとガードできるので、子供のために紫外線対策で帽子を選ぶなら、キャップよりハット型がおすすめです。

 

帽子を選ぶ時には、素材も大事です。

 

おすすめはポリエステルで、紫外線を吸収する効果があります。

 

紫外線をしっかり防ぐにはポリエステルがよいのですが、100%ポリエステルのものはおすすめできません。

 

なぜなら、ポリエステルには吸水性がないからです。

 

汗を吸い込んでくれる効果が期待できません。

 

子供は代謝がいいので、頭から汗をたっぷりかきます。

 

汗を吸収してくれる素材なら、綿がよいです。

 

しかし、綿だけでは紫外線を吸収してくれる効果がないので、子供がしっかり紫外線を防げる帽子としては、ポリエステルと綿の両方が混紡された素材の帽子がイチオシということになります。