「子供の日焼けは健康的」はもう古い。子供にも必要な紫外線対策

子供の日焼けは健康的という考え方は、昔のもので、今の時代、その考え方は古いです。

 

子供にも紫外線対策は必要です。

 

これまで、太陽光線は体にいいものという考え方がありました。しかし、今では、紫外線による悪影響の方が強く指摘されています。

 

紫外線対策というのは、年齢に関係がありません。

 

子供にも必要なのが紫外線対策であり、むしろ、大人よりも敏感なので、しっかりと紫外線対策をする必要があります。

 

子供の頃に沢山紫外線を浴びると、皮膚がんや白内障を発症するリスクが高まり、それは大人以上といわれています。

 

子供の紫外線による体の影響は深刻で、その時は大丈夫でも、大人になってから現れてきます。

 

日焼け止めは、皮膚がんを発症するリスクを抑えるために有効なので、子供の頃から日焼け止めはしっかり塗ることが大事です。

 

子供が外出する時は、必ず帽子を被せるようにして、その上で、日焼け止めを塗ってあげることです。

 

日焼け止めは、1回塗ったら1日中効果があるわけではないので、2〜3時間ごとに塗る必要があります。

 

子供の健康のことを願うなら、子供のうちからしっかり紫外線対策はしておくことです。


子供にこそ紫外線対策が必要な理由

子供にこそ紫外線対策が必要な理由は、太陽光線を浴びると体に良くないからです。

 

子供に日光浴はよくなく、紫外線による子供の悪影響が懸念されています。

 

子供にこそ紫外線対策が必要なのは、大人より子供の方が紫外線の影響を沢山受けていることもあります。

 

紫外線を浴び過ぎると皮膚がんになるリスクも高くなるので、子供の紫外線対策はしっかりする必要があります。

 

大人より子供の方が皮膚がんになるリスクは高く、白内障などを発症するリスクも高くなると報告されています。

 

子供は元気に外で遊びまわることも多いので、それだけ紫外線を浴びる機会も多くなります。

 

成長が盛んな子供は、室外で過ごす時間が多く、生涯に浴びる紫外線量のほとんどが18歳までと言われています。

 

これらの理由が、子供にこそ紫外線対策が必要な理由になります。

 

子供の頃は強い太陽光線を浴びても1週間くらいで回復します。

 

しかしすぐに回復するからと言って、油断してはいけません。

 

紫外線による肌ダメージは、大人になってから出始めるからです。

 

子供の頃から強い紫外線を浴び続けていると皮膚がんになりやすく、命を奪われることになりかねません。